● ● ●

● ● ●

・・・もうすぐ三時 おやつの時間・・・
ぱぱっとできておいしいもの
今日のおやつは、なんにしょう???






おやつの時間
★Lesson31★
2009 .3

春らしいお菓子と言ったら
やっぱりイチゴを使ったもの★
今回のおやつの時間は
“いちごのカスタードタルト”

おやつの時間も、はやいもので、もうLesson31★!
“いちごのタルト”…もうすでにLesson済と思ってたけど
意外にまだだったんですねぇ〜

今回のタルト生地は、ちょっと甘めのビスケットタイプ
簡単で、なんにでも合うから、いろいろなタルトに応用できます

カスタードクリームはコーンスターチを使う方法
お家に普段ある材料で作れるカスタードクリーム★
こちらも手軽に作れてうれしいレシピです































●作り方●
★タルト★

*ポイント*
バターは室温に戻しておこう
バターと薄力粉を混ぜるときにはごむべらを使おう
生地は焼き縮みを防ぐために冷蔵庫で一晩寝かせるとベスト
時間が無くても最低1時間は寝かせよう

@ボウルにバターを入れマヨネーズ状になるまで泡立て器でねる

A@に砂糖を加え白っぽくなるまですり混ぜ更に溶いた卵を 
2〜3回に分けて加え良く混ぜる

BAに薄力粉を2回に分けて加えヘラで切るように混ぜる

C粉っぽさがなくなって生地がひとまとまりになってきたら
 混ぜるのをやめラップに包んで冷蔵庫でも最低1時間
できたら一晩寝かせる

D分量外の薄力粉を少量のし台に広げ、生地を置き 表面にも
同じように薄力粉を広げる
 めん棒にも粉をつけ上から押すように均一に伸ばし めん棒の
向きを縦、横と変えながら 厚さ5ミリ程度のタルト型より
少し大きめの円形にする

E生地をタルト型にのせ指で型になじませる。 側面の部分は
指先でなじませはみ出た生地はナイフで切る

F更に冷蔵庫で30分寝かせる

G生地が浮くのを防ぐためフォークで穴を数か所開け 190℃で
10分から15分程…表面がきつね色になろまで焼く
 少しさめたら方から外し網などに乗せて冷ます

*余った生地はクッキー生地として使えます





★カスタードクリーム★

@鍋にコーンスターチと砂糖を入れ温めた牛乳200mlを加え
 火にかけ沸騰後弱火で3分煉る
A火から下ろし卵黄を加え手早く混ぜ再び弱火に2〜3分かけ
 火から下ろしバニラエッセンス、バターを加える
 バットなどに広げよくさます




★仕上げ★

出来あがったタルトにカスタードクリームをたっぷりと敷き
好みで生クリームを絞る(分量外)

ヘタを取ったイチゴをずら〜り並べて
完成です








● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

ほんのり甘くてさっくりとしたタルトに
やさしい味わいのカスタードクリーム
クリームとイチゴをのせたら
ノスタルジックな佇まいの
春のお菓子の出来上がりです♪







★→おやつの時間もくじへ